もっと知りたい!よくあるご質問RenaviaQ&A

Q.化粧品の使用期間はどれくらいですか?
A.化粧品は直射日光や高温を避けて保管されていれば、未開封で3年間になります。
※開封後はできるだけ、お早めにご使用ください(冷蔵保存する必要はありません)。

Q.レナヴィア製品が万が一、口の中に入っても大丈夫でしょうか?
A.口の中に入ってしまっても支障ございません。

Q.化粧品を傷口の上から使用してもよいでしょうか?
A.傷口は避けて、ご使用ください。化粧品が傷に刺激を与えてしまう可能性がございます。

Q.敏感肌の方も使うことができますか?
A.敏感肌の方やアトピーの方にも安心してご使用いただけます。心配な方はパッチテストをしてからお使いいただくことをおすすめ致します。

Q.レナヴィア製品は赤ちゃんも使用可能でしょうか?
A.レナヴィア製品は赤ちゃんにも全製品お使いいただけます。特に肌の弱い方は、パッチテストをしてからのご使用をおすすめ致します。

Q.最近ではオールインワン化粧品が出回っていますが、オールインワン化粧品にしない理由はなんですか?
A.オールインワン化粧品は、複数の化粧品の効果を1つで兼ねて配合されており、個々の肌に合わせて使用することができません。レナヴィア製品は使う方に合わせて、それぞれの役割を最大限発揮させるために、個々の目的に応じたラインナップを取り揃えております。

Q.容器が透明でなく白いのはなぜですか?
A.透明の容器は光が入りやすいため、白い容器で遮光して劣化を防いでいます。また安全性の高い、高濃度の白色を使用しています。

Q.ポンプ式の容器を取り入れた理由はなぜですか?
A.以前はポンプの容器に水や雑菌が入りやすいといわれ衛生的によくありませんでしたが、雑菌が入りにくいポンプが開発されたため採用しております。

アミノクレンジングジェルについて

Q.アミノクレンジングジェルは濡れた手で使用しても大丈夫ですか?
A.濡れた手でもご利用可能です。アミノクレンジングジェルはオイルイン水性ジェルタイプのため、外側が水分でコーティングされているので、手が濡れていいてもご使用いただけます。しかし、水が入るとクレンジング力が落ちるため、乾いた手でのご使用をおすすめ致します。

Q.アミノクレンジングジェルは、ジェルタイプの理由は何ですか?
A.アミノクレンジングジェルはオイルイン水性ジェルタイプです。オイルタイプに比べ低刺激でミルクタイプに比べて洗浄力があるため、肌の弱い方も安心してご使用いただけます。

Q.アミノクレンジングジェルで、ウォータープルーフタイプの化粧品も落ちますか?
A.化粧品の種類によっては落ちないものもございます。ウォータープルーフタイプ専用のメイク落としのご使用をおすすめ致します。

Q.アミノクレンジングジェルを使用後、洗顔料を使用する必要ありますか?
A.それぞれ落とす役割が違うため、両方お使いいただくことをおすすめしています。

アミノナーリッシャー(化粧水)・アミノオプティマイザー(美容液)について

Q.アミノナーリッシャーを使用した後、アミノオプティマイザーを使用せずアミノヴェールを使用しても良いですか?
A.アミノナーリッシャーご使用後、アミノオプティマイザーで有効成分を補い、アミノヴェールでさらに有効成分を補いながら肌の潤いを閉じ込めるため、両方をご使用いただくとより保湿力が高まります。

Q.アミノオプティマイザーとアミノリペアスティックは成分などどのような違いがありますか?
A.アミノオプティマイザーは肌の有効成分を補い整えるはたらきがあり、しっとりと肌に馴染む使い心地です。アミノリペアスティックは美容液の保湿成分として「アミノ酸系セラミド成分」を20%と高配合し、シミ・シワなど特に気になる箇所にお使いいただける固形タイプです。

Q.アミノヴェールを髪に使っても良いでしょうか?
A.アミノヴェールは肌の保湿を高める目的のため肌へのご使用をすすめ致します。

Q.アミノオプティマイザー・アミノヴェール・アミノリペアスティックの使い分けを教えてください。
A.

製品名使用タイミング目的
アミノオプティマイザー(美容液)アミノナーリッシャ(化粧水)ご使用後有効成分を補い、整える
アミノヴェール(クリーム)アミノオプティマイザー(美容液)ご使用後有効成分を補いながら、保湿する
アミノリペアスティック(美容スティック)アミノヴェール(クリーム)ご使用後首元・目元・口元・唇・ほうれい線など、特に気になる箇所の保湿

*上記は基本のタイミングになりますので、個々の肌に応じてご使用ください。

Q.アミノリペアスティックは、爪のまわりのささくれのケアにも使えますか?
A.ご使用いただけます。爪まわりの甘皮にくるくるとマッサージしながら塗ると効果的です。

アミノサンスクリーン(日焼け止め用ローション)について

Q.「PA++」は何のことですか?
A.PAはシワなどに影響する紫外線A波をどの程度防ぐことができるかを表しています。「+」が多いほど防ぐ力が強いですが、同時に肌への負担も大きくなります。日常生活では「PA++」が望ましいといわれています。

Q.「SPF」は何のことですか?
A.SPFは、シミなどに影響する紫外線B派をどの程度防ぐことができるかを表しています。数字が大きいほどカット力は強いですが、同時に肌への負担も大きくなります。日常生活ではSPF30~35のものを使用することをおすすめ致します。

Q.アミノサンスクリーンが紫外線吸収剤ではなく、紫外線散乱剤を使用しているのはなぜですか?
A.紫外線吸収剤は紫外線のエネルギーを取り込み、化学変化によって紫外線を防ぐため、肌荒れが起こる可能性があります。そのため、肌に優しい紫外線散乱剤を使用しています。

Q.アミノサンスクリーンを化粧下地として使用する場合はアミノサンスクリーンだけでも良いでしょうか?
A.アミノサンスクリーンは化粧下地としてもご使用いただけます。毛穴や色ムラが特に気になる方は、化粧下地を併用してのご使用をおすすめ致します。

Q.アミノサンスクリーンは洗顔料だけで完全に落とすことができますか?
A.クレンジングと洗顔料を併用して落とすことをおすすめ致します。

アミノボディウォッシュ(ボディシャンプー)について

Q.アミノボディウォッシュで顔や髪を洗っても良いでしょうか?
A.顔はアミノフェイシャルウォッシュ(洗顔料)、髪はアミノシャンプー(シャンプー)で洗うことをおすすめ致します。洗う場所に合わせた洗浄力と栄養成分になっております。

アミノシャンプー・アミノコンディショナーについて

Q.アミノシャンプーに入っていないシリコンが、アミノコンディショナーには入っているのはなぜですか?
A.シリコンには痛んだ髪の表面をコーディングして、キューティクルの剥がれや切れ毛などを予防する効果が期待できるからです。シリコンはコンディショナーの中に入っている髪の栄養成分を保護することに役立ちます。

Q.シリコンが髪にとって良くないとされるのはなぜですか?
A.シリコンは頭皮に付着すると髪全体の毛穴を塞ぎ、髪にダメージを与えると考えられていました。現在では髪全体の毛穴を覆うことなく、髪の栄養成分の保護に優れているとシリコンの価値が見直されています。